猛暑に気をつけましょう

日射病
夏の暑い日差しを浴びて歩き回ったったときや、炎天下でスポーツをしたときなどに、体がオーバーヒートして起こります。
顔が赤くなって息遣いが荒く、皮膚は暑くて、さらさらと乾いた状態で汗が出ません。いわゆる脱水状態、めまい、頭痛、吐き気など。
風通しの良い木陰などに頭を高くして寝かせ、衣服をゆるめ濡れたタオルで首筋や脇の下などを冷やす。あおいだりして風を送り、体温が平熱になるまで続ける。吐き気がある場合は、顔を横に向かせる。塩分を含んだ水(スポーツドリンクなど)を少しずつ飲ませる。
熱いものやアルコールは禁物

後頭部と首に直射日光が当たらないようにすること。帽子をかぶることは、一番の防止策なのです。
熱射病
高温多湿の下作業をしたときに、大量の汗をかき、体内の塩分や水分が著しく不足し、体温の調節が効かなくなり起こります。体内に熱がこもってしまった状態です。
顔は青白く大量の汗が出て、皮膚は冷たくジットリとした状態になる。体温は普通かやや低め、めまい、吐き気をともなう。
涼しい木陰に頭を低く足を高くして寝かせ衣服をゆるめる。体温が低いときは、体を暖める。水か薄い食塩水を15分おきくらいに飲ませる。
高温多湿のところに長時間いないようにする。炎天下の車中も同じこと。また、子供との散歩もアスファルトの照り返しが、大人より子供の方が受けやすい(ベビーカーでも同様)ので注意が必要。また、服を着せすぎにも気をつける。

日射病、熱射病いずれも、症状が重症の場合は、意識障害やけいれんを起こしたり、命にかかわることもあるので、直ちに病院に行きましょう

いつものネット検索をしてみました
参考になればと思い載せてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください